Webサイトを作る際には好まれやすいトップページを考えておこう

■Webサイト作成の際にはトップページのデザインが大切

Webサイトを制作する際に、一番重要なポイントはトップページのデザインです。
なぜかというと、トップページは、サイトを訪れた方が一番最初に見る部分だからです。
第一印象で好まれるデザインにしておけば、訪問者はWebサイトに興味を持ってくれて、そのほかのページもじっくりと見てくれるかもしれません。
逆に、トップページのデザインが悪いと、興味を失ってしまい、ほかのサイトに移動してしまう可能性があります。
Webサイトのトップページは、そのサイトの印象を大きく左右するとても大事な部分なのでよく考えて制作しておく必要があるのです。

■好まれやすいトップページデザインとは?

では、訪問者に好まれやすいトップページデザインとは一体どのようなものなのでしょうか?
デザインの好みは人それぞれありますので、すべての人が好むようなものを作るのは難しいかもしれません。
ただ、いくつかのポイントを押さえておけば、多くの人に好印象を与えるトップページデザインに仕上げられるようになります。

■ほかのページへの導線を考えておく

Webサイトの訪問者は何かしらの情報を求めてアクセスしてきます。
ですから、トップページにほかのページへの導線を作っておいたほうが良いでしょう。
導線があれば、訪問者はすぐに自分の探している情報にたどり着きやすくなります。
ただ、たくさんの導線を作ってしまうと、訪問者が迷ってしまうことや読む気が失せてしまうこともありますので、トップページにあまり情報を詰め込みすぎないこともポイントです。

■ユーザーが直感的に利用できるデザインにする

購入ボタンや申し込みボタンなどを目立つデザインにするなど、ユーザーが直感的に利用できるようにしておくことも、好まれやすいトップページに仕上げるための大事なポイントです。
操作がわかりにくいとユーザーは面倒くさくなって、ほかのサイトに移動してしまいやすくなりますので、初めて訪れた方でも戸惑うことなく操作しやすいデザインを心がけるようにしてみてください。

■トップページに画像を入れておく

写真やイラストなどの画像は、一瞬でサイトのイメージを訪問者に伝えることができますので、トップページに入れておくと良いでしょう。
画像を入れる際には、そのサイトのコンセプトに合ったものを選んで、適切なサイズにすることもポイントです。
あまりに大きな画像だと、スクロールするのが面倒になってユーザーが去ってしまうかもしれません。
また、近年はスマートフォンでアクセスする方が多いので、画像を入れる際には、モバイル用のサイズを考慮しておくこともポイントです。